うんちくノート

超伝導物質とはどういうものですか。

超伝導とはひとことでいうと電気抵抗がゼロになる現象のことである。 この現象そのもの
は、一九一一年にオランダのオンネスという人が発見している。彼は絶対0度という、これ
以上低い温度が存在しない低温、摂氏マイナス二七三度近くなると、物質の電気抵抗がゼロ
になるという現象を見つけた。しかし、このような低温は液体ヘリウムでしか作ることがで
きないので、実用化はむずかしいと思われていた。
以上低い温度が存在しない低温、摂氏マイナス二七三度近くなると、物質の電気抵抗がゼロ
になるという現象を見つけた。しかし、このような低温は液体ヘリウムでしか作ることがで
きないので、実用化はむずかしいと思われていた。

しかし、一九八六年、IBMのチューリッヒ研究所のベドノルツ博士とミューラー博士に
よって、超伝導の性質を持つセラミックスが発見された。これは今世紀最大の発見といわ
れ、ふたりの博士はノーベル賞を受賞している。そして、両博士がセラミックスを使って、
絶対温度よりも高温で超伝導現象を起こすと、この記録をぬりかえるための競争が始まっ
た。ただし、高温といっても、まだマイナス一〇〇度以下の低温である。しかし、やがては
室温くらいの温度で超伝導が起こる物質が発見されることが期待されている。 超伝導の技術
を使ったものにリニアモーターカーがある。その原理は、磁石の同じ極が反発しあう性質を
利用して、超伝導による強力な磁石を使って、車体を空中にうかすというものである。そう
すると、車輪の摩擦がないので、超高速での走行が可能になる。 その他にも超伝導を使った
電磁推進船という新しいタイプの船も注目されている。これは海水中に電流を流し、強力な
磁石で磁場を加えると海水が後ろにいきおいよくおされ、その力で船が前進するというもの
である。

スポンサーリンク
google